キクラゲ事業

きくらげ栽培.jpg

Copyright ©  (株)日本エコロジコ  All Rights Reserved.

富士山の伏流水が育てたきくらげ

最新設備とIOTを利用した栽培モデルでエコロジコの新たな事業が始まりました!

 

当社は、山梨県で富士山麓の天然水を豊富に使用し、最新の設備と豊かな自然が調和した「生キクラゲ」を生産・販売する事業を展開しています。

国内で流通するきくらげの現状を捉え、安全安心なキクラゲをお届けします。

きくらげ.jpg
きくらげ栽培(TOP).jpg
TOP.jpg

国内で流通するきくらげの現状

HP用2-2.jpg
HP用2.jpg
HP用2-3.jpg

現在きくらげの国内消費量は26,000トン。このうち国内生産量は約800トンと5%にも満たない生産量で、流通しているほとんどのきくらげは中国産の乾燥きくらげです。

近年、きくらげの高い栄養価が、健康や美容に興味のある女性層から

注目され、徐々に国内の消費量も増えています。

生のきくらげは食感も良く、サッと湯通ししてわさび醤油でお刺身のように

召し上がったり、衣をつけて天ぷらにしたり、定番の中華の炒め物やお鍋料理の

具材としても美味しくお召し上がりいただけます。